高知市・司法書士カインド法務事務所-生前贈与/抵当権抹消/売買

 

不動産登記

 

不動産登記とは?

不動産登記とは?
 
土地や建物は非常に大きな財産です。
 
 所在がどこなのか
 どのくらいの大きさなのか
 所有権が誰にあるのか
 抵当権等の担保権が設定されているのか
 
その財産である土地や建物について、上記のような情報を法務局の登記記録に記載することで一般公開し、不動産取引の安全と円滑を図るための制度が不動産登記です。
 

相続登記

相続登記
 
相続登記とは、不動産の所有者が亡くなられた場合に、土地・建物の名義を相続人の名義に変更する登記のことです。
 
相続登記をしないまま長期間放置すると、相続人に新たな相続(数次相続)が発生し、相続人が多数になり、いざ相続登記をしようとしても、戸籍の収集や相続人への連絡に莫大な時間がかかったり、遺産分割協議がまとまらず、思い通りに名義変更ができなくなる可能性があります。
相続人間で、不動産の名義変更についての協議がまとまっている場合には、できるだけ早く相続登記の手続きをされることをお勧めいたします。
 
また、当事務所では、相続について、不動産の名義変更のみならず、預金や株式の名義変更、保険金の請求等、煩雑な手続きをワンストップで引き受ける遺産整理業務も取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。
 
 
相続登記の必要書類(一般的な例)
 ・亡くなられた方の出生から死亡までの連続した戸籍・除籍謄本等
 ・亡くなられた方の住民票(本籍地入)または戸籍附票
 ・相続人の戸籍謄本・住民票
 ・遺産分割協議書(印鑑証明書付)
 ・固定資産評価証明書
 ・相続関係説明図
 
 ※上記必要書類については、当事務所で取得・作成が可能です。
 
 

不動産登記の種類

不動産登記の種類
 
相続登記以外の主な登記手続きは下記のとおりです。
 
 所有権移転(売買)
  不動産を購入・売却する場合に名義変更の手続きが必要になります。
  通常ですと、不動産業者から司法書士を紹介されるケースがほとんど
  ですが、お客様ご自身で司法書士を選ぶことも可能です。
  登記費用のお見積りは無料ですので、お気軽にお問合せください。
 
 
 所有権移転(贈与)
  不動産を贈与する場合には、登記手続きだけではなく、税金面につい
  ても考慮する必要があります。必要な場合には、信頼のおける税理士
  をご紹介いたします。
 
 
 所有権移転(財産分与)
  離婚に際して、相手方に不動産を譲渡する合意がされた場合は、財産
  分与を原因とする所有権移転登記が必要となります。
 
 
 所有権保存
  建物を新築した場合に必要となる登記手続きです。
  居住用建物で一定の要件を満たしている場合は、登録免許税の軽減を
  受けることができます。
 
 
 抵当権設定
  不動産を担保に金融機関から住宅ローン等を借入れる際に必要となる
  登記手続きです。  
 
 
 抵当権抹消
  住宅ローン等、担保付の借入れを完済した場合に必要となる登記手続
  きです。
 
 
 住所・氏名変更登記
  所有者の住所・氏名に変更(住所移転や婚姻による氏の変更)がある
  場合に必要となる登記手続きです。
 
   
司法書士カインド法務事務所では、登記申請の代理、本人確認、当事者の意思確認等、登記に関する手続きに関し誠心誠意、ご対応致します。
遠方にて来られない方、お仕事にて時間があまり取れない方でも、ご自宅やご指定の場所までお伺い致しますのでご相談下さい。
司法書士
カインド法務事務所
(旧やました司法書士事務所)
〒780-0833
高知市南はりまや町一丁目15番14号
南はりまやビルヂング2F
TEL.088-856-7788
FAX.088-856-7757
―――――――――――――――
■遺産承継・遺産整理
■相続・遺言
■不動産登記
■商業登記
■過払請求
■債務整理
■成年後見
―――――――――――――――
qrcode.png
http://shihou-y.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

<<司法書士カインド法務事務所>> 〒780-0833 高知市南はりまや町一丁目15番14号 南はりまやビルヂング2F TEL:088-856-7788 FAX:088-856-7757